俺のブログを読め!

シングルファザーの独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・キャバ嬢と俺 其の3

今回で3回目かぁ・・・なんだか長くなっちまったな。
読んでる人もいい加減飽きるべ?
今回で終わりなんで・・・読んで下さった皆さんありがとね。
それでは続きをどうぞ



ある日珍しく仕事中にメールが入ってた。
「お願いがあるんだけど1回だけでいいからお店来れない?
って内容だった。ちょっぴり久しぶりのメールだった。

俺「別にいいけどいつ?」
嬢「いつでもいいんだけど、お店来て癒して欲しい
俺「はぁ?おまえ変だぞ?わかった明日行く」
嬢「ありがと、きむ大好き
俺「そりゃどうも

とうとう営業するのに大好きとか言うようになったか・・・もうダメだなって思った。
つーか俺全然癒し系のキャラじゃないんだけど!

俺「つーか俺で癒されるわけ?
嬢「うん。最近ね一緒にいると楽しい。特に子供といるきむはいい
俺「ふ~ん。飯でも食ってから行くか?
嬢「うん
俺はこれで最後のつもりだった。

次の日同伴して店に行った。駐車場に着いた時、彼女からチューされた。

俺「ちょっ!何してんのおまえ!?」
嬢「喜んでくれると思ったのにぃ・・・」
俺「いや、つーかビビッった」

あたりまえだ。いつも俺からしてるんだから。
しかもちょっと嫌そうにしてるのに向こうからしてくるなんて思わない。

店に入ってしばらく何てこと無い話しをしてた。
でも何か変!絶対変だぞコイツと思った俺は

俺「どした?なんかあった?おまえ最近変だぞ」
嬢「店に来るのが嫌なの。今まではこんな事なかったのにこの店は店の雰囲気自体が合わない。もう辞めようかと思ってる」
俺「おまえ入ってまだ1ヶ月チョイだろーが」
嬢「うん。でも無理」
俺「そう、好きにすれば」
嬢「この店来てこんなに飲んだの初めて。おまえが居ると落ち着く」
俺「何言ってんだおまえ。ちょっと飲みすぎじゃねーの?」
嬢「前は何とも思わなかったんだけどなぁ、チューするのもちょっと嫌だったし、エッチとか絶対無理だし、付き合うとかホントありえないって思ってた」
俺「おいおい・・・なんだよそれ(笑」
嬢「でもね、今はチューも平気だし、エッチもできると思うし、彼氏がいなければきむと付き合ってた」
俺「テ、テメー何かたくらんでんだろ!?」
嬢「たくらんでないよ。自分の身内の子供以外であんなに可愛いと思ったのも初めてだし。この子達だったら別に親になってもいいかなって思える」
俺「お、おう。な、なんだ、何が起こってんだ。いきなりそんな事言われても・・・てかキモい(笑」
嬢「だって気持ちが変わっちゃったんだもん。あぁ何か告ってるみたいでヤダ!別に告ってないからね!でも告ってるみたいだよね・・・」
俺「わかった、もういいよ。気持ちはよく分かった。分かったけど全く予想してなかった展開にどうしていいかわかんね」
嬢「はははっ、アタシもよく分かんない」
俺「正直嬉しいよ。嬉しいけどさぁ、俺もう・・・」
嬢「えぇ~!ヤダヤダヤダ聞きたくない!」
俺「俺もう諦めようと思ってた。今日来て最後にしようって思ってた」
嬢「アタシが諦めさせない」
俺「あらそう・・・どーでもいいけど6っつも歳違うんだぞ?」
嬢「たった6っつじゃん。アタシがいいんだからいいの!」
俺「ふ~ん、じゃあ付き合う?」
嬢「今はムリ(笑)待ってて」
俺「なんじゃそりゃ(笑)まぁいいや。そう言うなら1年でも2年でも待っててやる。どうせもう他に女作ろうとも思わねぇし」

ホント何が起こってんだかわかんなかった。
その場で起きてる全ての事が信じられなかった。
そして次に会った時

俺「おまえ嫁に来ねぇか?」
嬢「えっ!ア、アタシどうしたらいいの!?」
俺「嫌か?」
嬢「嫌じゃない。おまえの子供も好きだし。嫌じゃないけど・・・今は特に彼氏と別れる理由もないんだよねぇ」
俺「別にすぐって訳じゃないから今は彼氏といたら。今答えだせって言ったらダメって言うだろ?そのうち俺のほうがいいなって思ったら言え。今だけの感情じゃなくホントに好きって思えたらちゃんと言え」
嬢「わかった。気長に待ってて(笑)おまえ浮気すんなよ!?」
俺「彼氏いるのにそれっておかしくねぇか?俺にずっとヤラねぇでいろっつーのかよ?」
嬢「そうじゃない。他の人と結婚しないでねって事」

この頃が気持ちのピークだったのかなって思う。
今はもう落ち着いたって言ってるし。
最近は店呼ばれるばっかで遊んでくんないし。
っていってもちょくちょく呼ばれるわけじゃないけど。
誰も呼べなくてどうしようもない時最後に俺らしい。
前は呼ぶ理由をちゃんと言ってたのに最近言わない。
店がヒマだったり、ウルサク呼べって言われたりって事でもない。
聞いても「教えない」って言うし。
言いたくないなら別にいいけど今更隠し事?って感じ。
何考えてるかさっぱりわからん。
ってのが現状。

いやいや簡単に書くつもりがダラダラと書いてしまった。
まぁこんな感じで今に至ってるわけでございますよ。
それにしても金かかるなぁ・・・でも店行かないとほとんど会えないしなぁ・・・夜バイトでもしよっかな、と思う今日この頃でした。




スポンサーサイト
  1. 2006/01/27(金) 18:41:33|
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<< | ホーム | 続・キャバ嬢と俺 其の2>>

コメント

not subject

なんだ~!いつまで待つんだい?
でも・・・子供と一緒に好きになってもらえたのね!
でも逢うためにはお金がかかるね~
1回行くといくら使ってくるの??
  1. 2006/01/28(土) 08:25:27 |
  2. URL |
  3. マリ #-
  4. [ 編集]

not subject

さぁ・・・いつまで待つんだか。
俺が知りたい(笑
最近ただ引っ張られてるだけのような気がするが
これで色恋だったらその仕事ぶりに賞賛。

いつも1人で行って5~6万くらいかな・・・
  1. 2006/01/28(土) 22:25:52 |
  2. URL |
  3. きむ #-
  4. [ 編集]

not subject

きむさんは一途で純粋なんだね。きっと。
今好きな彼女さんとうまくいけばそれが今のきむさんにとっては最高の喜びだと思うけど、もしうまくいかなかった場合でも、そんな純粋なきむさんの心を分ってくれる真剣に好きになってくれる人がきっと現れると思う。

5-6万もイッキに使っちゃうのー??
キャバクラってそんなにお金吸い取られるちゃうんだぁ・・・
すごいんだね。キャバクラって。
  1. 2006/01/29(日) 00:03:23 |
  2. URL |
  3. エミ #-
  4. [ 編集]

次がどうとか考えられないな今は・・・。

そうなんで御座いますよ・・・月3回行っても15万ですよアネキぃ・・・2人を養いながらだとだいぶヘビーです。
  1. 2006/01/29(日) 18:52:27 |
  2. URL |
  3. きむ #-
  4. [ 編集]

だよね。次のことなんて考えられないよね。
今が進行形なんだもんね。
気持ち考えない発言しちゃってごめん!
ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
  1. 2006/01/30(月) 12:56:27 |
  2. URL |
  3. エミ #-
  4. [ 編集]

>エミちゃん
いえいえ、ホントは次の事も考えたほうがいいのはわかってんだよね。
でも今はそれが出来ないだけなんだ。
  1. 2006/01/30(月) 17:51:29 |
  2. URL |
  3. きむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimu1976.blog42.fc2.com/tb.php/20-5b65466d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きむ

Author:きむ
年齢:29才
職業:大工
好き:酒と女と2人の娘
嫌い:野菜と注射
お気に入り:Justin Davis

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。