俺のブログを読め!

シングルファザーの独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・キャバ嬢と俺 其の2

昨日の続きです。
色々と進展を見せたのもここからです。
それではどうぞ・・・


ずっと連絡をとってなかったけど、向こうから連絡が来た。
「ボトル流れちゃうけどどうする?」ってメールだった。
へネシーのX.Oが2本入っていて1本はもちろん未開封。
もったいないので一応報告してくれたらしい。
「いいよ別に。行く気ないし。」と返した。
行きづらかっただけなんだけどね・・・あっちがダメならこっちみたいな感じでさ。
でも何日かしてどーしても会いたくて俺から店に行くって言った。
それからまた通うようになったんだよね。
営業?ってか店に誘われるようになったのもこの頃からだった。

嬢「おまえ明日どうせヒマだよな?」
俺「ゴロゴロしてるから忙しい」
嬢「だったら店来いよ(笑)」
俺「そうだな、飯でも食ってから行くか?」
嬢「いいよ」

これが初めての同伴(笑)その後も

嬢「明日七夕で浴衣着るから見においでよ」
俺「興味ないから行かない」

次の日・・・

嬢「ねぇねぇ、ホント可愛いからおいでって」
俺「おまえ最近営業するようになったな。店でなんかあった?」
嬢「なんもないよ。ただきむに見て欲しなぁ~と思って」
俺「あははははっ!なんだその女の子っぽい言い方は」
嬢「うっせ。笑うな!」
俺「どしたのおまえ・・・なんか変だぞ」
嬢「そんな事ないよ、気が向いたらでいいから来てね」
結局行ったんだけどね(笑

この頃彼女の中では困った時最初に営業かけるのが俺だったらしい。
呼べば必ず来てくれるし、来ればラストまでいるし、仕事の事もよく理解してくれてる。
客という感覚がなかったから気を使わなくて楽だったそうだ。
下心丸出しで乳だのケツを触ってくるのはムカついてたらしいけど(笑

そんなある日
嬢「子供の事海とかプール連れてってあげてる?」
俺「全然連れてかない。俺泳げないし」
嬢「はははっ、じゃあプール連れてってあげようよ」
俺「なにそれ、デート?」
嬢「んだ」
俺「子供いても平気なの?」
嬢「これでも結構子供好きなんだからね。それに子供が一緒ならさすがのおまえも手出さないと思うし(笑)」
なるほど・・・てか警戒されまくりだな俺。

そしてプールに行った。
子供達はすぐになついた。てか俺と遊んでくれない・・・。
でも3人で楽しく遊んでる光景が俺にはすげー微笑ましかった。
なんか沢山一緒にいたくてその夜店に行った。
この頃はもう店辞めてて、知り合いのいる店に手伝い程度でたまに出勤するくらいだった。
彼氏がいるって言われたのがこの頃なんだよね。
まぁ俺が気付いたのはもっと前だけど・・・

まだ暑い8月の夜、出勤する事を聞いて店に行った。
俺「おまえもうすぐ誕生日じゃん?何してんの?」
嬢「誕生日は毎年仲のいい友達で出かける」
俺「ふ~ん。つーかさぁ、おまえ俺に隠してる事あるだろ?」
嬢「え?何?別になんもねーよ」
俺「俺さぁかなりカンいいんだよねぇ。知らないふりしてても良かったんだけど、おまえもいい加減ウソつくの疲れるだろ?2つあるけど軽い方からにしとくか?」
嬢「えぇ~!ちょっと何何何ぃ~!!」
俺「まず1つ目な。おまえ今実家に住んでんだよな?」
嬢「あははははっ!やっぱそれか。この仕事やってて1人暮らしって分かると危ないからって言われたから黙ってた」
俺「そりゃそうだ。まぁそれはいいんだよ」
嬢「あと1個なんだろ・・・分かんない」
俺「彼氏いるだろ?」
嬢「いないって言ってんじゃん。いたらあんな近くのプールとか行けないだろ。見つかったらどーすんの」
俺「あの日は彼氏が用あったんじゃない?それに見つかるわけないじゃん。彼氏この辺の人じゃないし。どうする?もうちょっと頑張る?」
嬢「え・・・(笑)なんで分かったの?」
俺「第6感が発達してるから(笑)さらに言うと彼氏○○に住んでる人でしょ?」
嬢「ぎぇぇぇ~!!なんでわかんの?なんで!?ちょっと怖いんだけど!!」
俺「話し方や仕草の微妙な違いや俺が話した事への反応とか聞いた事に対しての返答とかでわかる」
嬢「おまえあんま人の話し聞かないじゃん・・・」
俺「それは興味のない事だけ。必要な部分は全部憶えてる。だからもうウソつくな。そのほうがおまえも楽だろ。」
嬢「わかった。てか怖くてウソつけねぇだろ」
とまぁこんな感じ。

そのうち新しい店も決まったけどしばらく俺は行かなかった。
分かってはいたけどショックだったから。でも仲が悪くなったわけじゃない。
プライベートで普通に会うようになってた。
「今度の日曜彼氏が友達と遊ぶ事になったから買い物でも行こうよ」
なんて誘いが来るようになった。
俺は付き合う事は無理だから普通に友達でいれればいいと思いはじめてた。
しかしそれもしんどくなって彼女を諦めようとしてた・・・


長くなったので続きはまた明日にでも。
この後ビックリする事が・・・
スポンサーサイト
  1. 2006/01/26(木) 21:07:46|
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<続・キャバ嬢と俺 其の3 | ホーム | フェチバトン>>

コメント

ドキドキする。。。でもきむさんも旦那と同じでカンがよいのね!カンが悪かったら幸せになれるのに~v-10でも・・・営業したらすぐ来てくれる人っていいお客さんだわ!まずそこに電話するってのはわかる!私もそうだもの・・・色んな情報をもとにこの人の給料日はいつとかね、その日に電話するとなんかいやらしいから前日や次の日にかけるとかね。。。でもすぐ来てくれる人は暇な日にキープしたいかも!
  1. 2006/01/27(金) 09:16:49 |
  2. URL |
  3. マリ #-
  4. [ 編集]

>マリちゃん
そうだね。知らんでもいい事まで分かっちゃう事も多いからねぇ。
俺給料日とか教えてるからやっぱ電話くるよ。
「おまえ給料入ったろ?よし!来い!」って言われる(笑
暇な日にキープねぇ・・・キープかぁ・・・キープ・・・嫌な響き(笑
でも今はそんな感じなのかも、あぁヤダヤダ。
  1. 2006/01/27(金) 18:47:48 |
  2. URL |
  3. きむ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kimu1976.blog42.fc2.com/tb.php/19-959b469c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

きむ

Author:きむ
年齢:29才
職業:大工
好き:酒と女と2人の娘
嫌い:野菜と注射
お気に入り:Justin Davis

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。