俺のブログを読め!

シングルファザーの独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夢判断

この前の夢を夢判断ってのでやってみたら

あなたの夢は、能力を買われて高い地位に引き上げられる事をさしています。これまで行き詰まっていた人事や、うまくいかなかった問題が解決に向かっていきます。周囲に努力が認められ、評価もぐんぐんあがっていくでしょう。出世、昇進などもあるかもしれません。天狗になりやすい時期ですが周りへの感謝の気持ちを忘れずに。

だそうだ・・・

なんか違くね?あんま夢と関係ないような気がするのは俺だけか・・・
スポンサーサイト
  1. 2006/04/06(木) 19:51:14|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

進級式

保育所の入所・進級式に行って来た。
うちの子は進級なのでメインは入所の親子だと思い私服で行っちゃいました。
みんなスーツだった・・・
B系の俺は完全に浮いてた(笑


さて、寝てる間に形式だけっぽい入所式も終わりクラス別の懇談会。
ママさん達に囲まれて男は俺一人。
女は好きだがこーゆーのは嫌じゃ!
自己紹介の後に先生が
「何か印象に残る事をひとつ」と言ったら
「もう十分印象に残ってるよ!あはははは!」とママ達・・・

この後子供は普通に保育所に残るんだがうちの子は帰るらしいので廊下で待ってた。
そしたら同じクラスの子のママが来て
「ねぇ、わかる?」と聞いてきた。
「はぁ?何が?」と当然の答えを返した。
「前に遊んだ事あるよね?」
な、何言い出すんだこの母ちゃんは!!知らねぇぞ俺ぁ!と思い
「えっ・・・いつ?」と聞いたら
「アタシが17ん時。あぁやっぱ憶えてないよね。言おうかどうか迷ってたんだよね。」
てかあなたが17の時俺いくつだったんだよ・・・でも間違いなく10年近く前の話しだ。
「顔変わってるからわかんねぇだろ。名前は?」
「名前でわかる?○○だよ」
「あぁ~○○(←住んでるとこ)の子だろ?おまえこっちに嫁にきたの?」
「うん、憶えてたんだ(笑)去年の入所式の時さ、うちの子がヒロシに似てる人来てたって言うからどんな人だろうと思ってたのね。
ですぐ遠足だったじゃん。その時見てすぐわかったよ○○くんだって。(笑」

俺は全然気がつかなかった。
でも昔の面影はある。
カワイイ(笑

つーかあんま馴れ馴れしく喋るなっつーの・・・
地元の同級生ならまだしも、つながりがないパパとママが普通に会話してたら変だろ・・・。
いつもママさん連中の中で肩身の狭い俺としては知ってるママが1人でも多いのはいいけどなんか気使うなぁ。
俺は別にいいんだけど相手は旦那いるわけだし。
あんま仲良くしてると周りのママさん連中にいらん事言われそうだし。
かと言って疎遠するのもどうかと・・・と考えてる側から
「バイバーイ!これからもヨロシクねぇ」
ってニコやかに軽く手なんか振ってるし・・・
はぁ・・・みんな見てんじゃん。

てかこの子一人だよな・・・まさか俺が気がつかないだけで他にも誰かいるのか・・・
この先中学までは一緒だからなぁ、なんだかなぁ・・・
  1. 2006/04/06(木) 19:00:32|
  2. 子供
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

初夢?

ろくに更新できないまま4月になちった。
春だなぁ~さくら咲いてるよ。
別に花がキレイとかそんな思いはないけど。
園芸に興味はない。

まぁ世間的にほのぼのとしたこの季節に見た夢の話しです。
初夢?かな。あまり長い夢じゃなかったんだけどね。

いつもの様に俺は仕事から帰ってきたわけよ。
でも帰ったきた我が家は見慣れない家だった。
間取りも違うのになぜかどこに何があるかちゃんと分かってる。
家に人の気配はない。9人家族のはずなのに。
俺は違和感を感じる事なく風呂に入ろうとした。
ポケットの携帯やタバコを取り出しながらふと風呂場の隣の部屋に目を向けると・・・・・
女の人が首を吊っていた。薄暗くてはっきり見えないが知らない人だった。
俺は驚く事もなく、あら首吊ってるよあの人と思い脱衣所に入ろうとした。
しかし、閉まっていたはずの脱衣所の扉と風呂場の扉が開いていた。
そして奇妙な光景が俺の目に飛び込んできた。
湯船に胎児が浮いている。しかも2人。
赤ちゃんと言うにはまだ小さくすぐに胎児だと分かった。
何これ?と思った瞬間・・・・・
はっ!!まさかコイツの!?と天井からぶら下がっている女に目をやった。
誰なんだコイツ、なんで俺んちにいるわけ?
つーかなんで俺んち違うの?
ようやくそこに疑問を抱いた。
庭の風景は間違いなく我が家のもの。
外観も変わりない。
なんなの、どーなってんだこりゃ。
なんで誰もいないわけ。
どこ行ったんだみんな。
だいたいなんであの女は俺んちで首なんか吊ってんだよ。
誰なんだ、アイツは誰なんだと思いながら確認しようとその部屋向かった。
そしてその女の垂れ下がった髪を上げて顔を見ると
「あぁっ!!」

で目が覚めた。
はっきり見たはずなのになぜか憶えていない。

なんだか変な夢見ちまったなぁ。
まったく気分ワリィぜ。
誰かこーゆーのに詳しい人いない?
  1. 2006/04/02(日) 01:19:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

きむ

Author:きむ
年齢:29才
職業:大工
好き:酒と女と2人の娘
嫌い:野菜と注射
お気に入り:Justin Davis

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。