俺のブログを読め!

シングルファザーの独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緊急出動

つーか火事なんだよね。
俺消防団だから行かなきゃなんないのよ。
ブログ書いてる場合じゃないってホント。
じゃあ早くいけよきむ!

ということで行ってきます。
今から明日の朝まで見回りでございます。
しんどいって・・・マジで。
それじゃ
スポンサーサイト
  1. 2006/01/31(火) 15:13:21|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キスバトン

またまたマリちゃんからバトンが回ってきたぜ!(笑


Q:キスするとき、どの瞬間が一番ドキドキしますか?
A:ガッ!と行くタイミング。わかる?ガッ!と行く・・・(笑
ガッ!って行こうとしたときに話しかけられると、おぉ~とぉっ!って感じになる。
だからガッ!って何よ

Q:どちらがその距離を縮めますか?
A:俺。相手からだとちょっと照れる・・・

Q:深いキスと軽いキス、どちらがスキですか?
A:ディープ!髪の毛グシャグシャ!って感じに

Q:唇以外にキスされて好きなところはありますか?
A:ほっぺ。てかここが1番恥ずかしいかも、照れる。あはっって感じになっちゃう
そんな素振りは一切見せんけど・・・

Q:どんなシチュエーションでキスするのがスキですか?
A:すいません・・・時と場所を考えない人なんで

Q:次に回す人
 エミちゃん、まいちゃん、NANAちゃんヨロシク!
  1. 2006/01/30(月) 18:44:31|
  2. バトン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

はいはい皆さん今日は日曜日で御座います。
いかがお過ごしでしょうか?
俺はゴロゴロしてました。いつもの事だけど・・・
はぁ・・・休みなんていらねぇんだけどなぁ。
仕事してたほうがよっぽどいい。金になるし。

てか最近ようやく金銭欲が出てきた。
今までは使う分だけ稼ぐといった感じだった。
ということでこの歳で貯金はゼロ(笑
言い訳っぽいかもしれんが金より大事なものを大切にしてきたつもり。
金、金、金って金に目がくらんで人として大事なもんを失くしちゃってる奴が多い気がする。
俺はそれがすごく嫌なのだ。
でも命一杯頑張って働いたら俺はいくら稼げるのか興味が出てきた。
金に目がくらんでる奴を札束で引っ叩きたいという夢が出来た(笑

さぁ~て金持ちにでもなるかな・・・春にはドリームジャンボもあるし(笑
  1. 2006/01/29(日) 19:18:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:5

続・キャバ嬢と俺 其の3

今回で3回目かぁ・・・なんだか長くなっちまったな。
読んでる人もいい加減飽きるべ?
今回で終わりなんで・・・読んで下さった皆さんありがとね。
それでは続きをどうぞ


[続・キャバ嬢と俺 其の3]の続きを読む
  1. 2006/01/27(金) 18:41:33|
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

続・キャバ嬢と俺 其の2

昨日の続きです。
色々と進展を見せたのもここからです。
それではどうぞ・・・

[続・キャバ嬢と俺 其の2]の続きを読む
  1. 2006/01/26(木) 21:07:46|
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

フェチバトン

マリちゃんからフェチバトンとやらが回って来たので早速・・・
ってフェチの意味がわからんので調べた
「異性の体の一部や衣類などを性愛の対象とする心理」
だそうだ。


Q1. あなたは何フェチ?

A.ルーズソックス 

Q2. 好きな人を見て、まずドコを見る?

A.顔

Q3. 最近プッシュできる部位

A.ねーよ

Q4. 異性の好きな部位5つ
 
A.目、口、乳、ケツ、マ○コ(笑 

Q5. フェチを感じる衣装は?

A.ミニスカにルーズ
 
Q6. バトンを回す5人

A. そんなにいないよぉ・・・
エミちゃん、JINくん、まいちゃん、涼ちゃんヨロシク!
  1. 2006/01/26(木) 18:00:47|
  2. バトン
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

続・キャバ嬢と俺 其の1

今日は片思い中のキャバ嬢との出会いから現在までを書いてみようと思う。
今回は興味のある方のみどうぞ(笑
なんだかキャバクラ大好き人間のブログみたいになってきたな
まぁいいか・・・

[続・キャバ嬢と俺 其の1]の続きを読む
  1. 2006/01/25(水) 23:32:47|
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

キャバ嬢と俺

キャバ嬢と客・・・嫌な響きだ。
キャバ嬢=騙す、客=騙されるって世論も嫌いだ。
夜の仕事をしてるヤツに偏見を持ち昼の仕事をしてる奴をまともだと言うアホも嫌いだ。

今までキャバ嬢とは10人前後付き合ったけど、普通の子となんら変わりない。
別にキャバ嬢が好きなわけじゃない、好きになった子がキャバ嬢なだけ。
付き合ったキャバ嬢は全部ナンパだけど、キャバで働いてるって言われても引く事もなかった。

俺の中ではお水だろうが風俗だろうが真っ当な仕事だ。
それぞれがそれぞれの事情を抱え一生懸命稼いでいる。
若くてカッコいい客ばかりがくるわけじゃない。
ただ酒を作ってヘラヘラしてるだけじゃない。
やった事ない奴には分からない苦悩がたくさんある。
そこまでして金を稼ぎたいかと言う奴もいると思うが
そこまで出来るから金が稼げるんだ。
人様より高い時給が貰えるんだ。

俺はそーゆー子達を俺なりに支えてきたつもりだ。
客との同伴もアフターも休日のデートもOKしてやる。
嫌な客が来れば俺が行って指名してやる。
指名を増やすにはどうしたらいいか、こんなお客さんにはどう対応したらいいか、そんな仕事の悩みも一緒になって悩んでやる。
ただ「今月指名足りないから来て」なんてのは行かない。
そんな甘えは許さねぇ。そこは俺に頼るなって言う。
指名を増やすという仕事を自分の力でこなして欲しい。
そのために同伴もアフターも休日のデートもOKしたり、一緒に悩み考えてるわけなんだからよ。
そーゆー中で仕事が上手くいった話しを聞くとすげー嬉しかった。
「へっ、それが仕事なんだからそれくれー出来てあたりめぇだろーが」
と言ってしまうが心ん中では
「やりゃ出来るんじゃん。頑張れよ」って呟いてる。

はっきり言って酔いつぶれて帰って来た女なんて見れたもんじゃねぇ。
でもよ、それが自分の女なら見守ってやんなきゃよ。
酒を飲む仕事だから自分で車を運転してく事はさせなかった。
夜中の2時に終わろうが3時に終わろうが俺が送り迎えしてた。
大変だなんて思った事は無い。
一生懸命働いてるそいつを命一杯愛してやんなきゃ。

周りの奴からしたらバカじゃねぇのお前って感じだろーが
自分の女なりカミさんが幸せであってこそ俺が幸せなんだって。
だから今の俺って幸せなのかもね。

呼べば店に来てくれる。
同伴もしてくれる。
来ればオーラスで居てくれる。
ヘルプの子だろうがなんだろうがドリンクもフードも好きに頼ませる。
そんな俺は単に都合のいい客かもしれない。
上手く利用するなり騙すなり、したいようにしたらいい。
その仕事っぷりを俺は見ている。

キャバ嬢の良い所を沢山見てきた俺だけど、汚い部分も嫌というほど見てきた。
そんな俺を騙せるなら騙してみろ!って気持ちもある。
もともとウソには敏感なんだけどね。怖いくらいに見抜ける。
それなのに今好きなキャバ嬢は色恋かどうかも見抜けない。
どうしたんだろ俺・・・
  1. 2006/01/24(火) 23:11:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

料理

仕事から帰って来てなんか温かいもんでも作ろうとしてたら子供も腹減ったって言うので味噌煮込みうどんを作る事にした。
料理すんの!?って思われた方々・・・何気に料理上手いんだって。
一応主夫でもあるわけで・・・。

さて、味噌煮込みうどんの作り方だが俺は知らん。
実はどの料理も作り方を知らん・・・。
はっきり言って適当だ。しかしちゃんと完成する。
正規の作り方はどうか知らんがちゃんと料理は出来上がる。
しかも美味いのだ!!
俺は天才だ・・・単純な俺はちょっと何か出来るとそう思ってしまう。
スラムダンクの桜木花道になぜか親近感を感じる・・・。
っと話しがそれちまったぜぃ、って何でノリノリなんだ。
とりあえず出来上がったので子供達を呼んでよそってあげようとしたら
カレン「あの方が私達の分までよそってくれるらしいわよ」
クレア「あら、汚いわねぇ」
なんじゃそりゃ・・・で、そのキャラ何?てか汚いって・・・
結局ウマイウマイって食ってるし。
てかコイツら結構俺の作った料理好きなんだよね。
親子だからって言われればそれまでだが・・・。

料理の後片付けは全ておっかあに任せる。
片付けは大嫌いなんだよ・・・おっかあすまん。
  1. 2006/01/23(月) 20:38:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

初積雪

茨城でも今日ついに雪が降り積もった。まだだいぶ振っている。
我が家の周りはそれこそ畑、田んぼ、畑、田んぼ、畑、田んぼ
といった感じなので1面の銀世界という景色になる。

はっきり言って雪は嫌いだ。
完全な車社会であるウチの地域では身動きが取れなくなっちまう。
雪国じゃないから雪道の運転がなれていない。もちろんタイヤはノーマル。
コンビニさえ車を出さないと行けない我が地域では何もできなくなっちゃう。
もちろん仕事も休みだ。
雪が解けたあとはもうグチャグチャのドロドロ。最悪だ。
そして心配症の俺はこんな日に出かけられると気が気じゃない。
夜も眠れなくなっちゃう。
雪が降るとホントいい事ないんだよね・・・
喜ぶのは子供だけだって。
あぁ~ヤダヤダ。
  1. 2006/01/21(土) 11:27:20|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ハゲ

俺は髪をセットするのが好きだった。
髪型がキマらないと学校に行かないくらいこだわっていた。
眉毛が上手く書けなかった時も行かなかったけど・・・。

俺は髪を染めるのが好きだった。
1週間~2週間に1回は色を変えていた。
ピンク、レッド、ライトブルー、ブルー、グリーン、オレンジ、パープル・・・
と様々な色を体験してきた。

そんな俺がいつしか帽子ばかりかぶるようになっていた。
そう・・・ハゲてきたのだ。

俺は秘密主義な人間ではないので誰にでもカミングアウトしてしまう。
友達は皆知っている。しかしハゲの話題を避けるヤツは誰もいない。
なぜなら笑えるからだ。自らふったりもする。
ウケればなんでもありだ。俺はそんなキャラなのだ。

もちろん大好きなあの子も知っている。
出会った頃に面白半分で帽子を取ってみたが、言葉を失ったと今笑って話している。
減滅したくないから帽子を取らないでと言われている。
そして最近ヘアコンタクトどうだろって話しが出ている。
腕に髪の毛を貼り付けているCMでお馴染みのアレである。
俺としては自毛を生やしたいのだが、その子は賛成している。
むしろそうしてくれといった感じだ。

俺は決心した。幸いにもこんなクソ田舎でもプロビアが隣の市にある。
来月になったらやってくるつもりだ。
そしたら画像アップしたいと思う。気が向いたらの話しね。

テーマ:おすすめ - ジャンル:ブログ

  1. 2006/01/20(金) 21:15:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

バカにされる父親

昨日ちょっと遅い時間に家族団らんの場があった。
そこでの子供達の発言に大爆笑だった。
これはブログに書こうと思って今書いてるわけ。

俺の部屋は母屋とは別で離れなんだけど、風呂入りに母屋に行ったら、来月保育所でやるシンデレラの劇の話しをしていた。
どうやらウチの子はお后様になったらしい。
シンデレラはジャンケンで負けてダメだったそうだ。
まぁ木とかじゃなくてよかったじゃんって言っといた。
シンデレラは仲の良いリナちゃんだそうで。
華恋はリナちゃん大好きなんだって話しからパパは誰が好きって話しになった。
おいおい、俺保育所の子の名前知らねぇぞ・・・と困ってたら
「パパは○○ちゃんが好きなんだよねぇ、ギャハハハ!」
もちろん○○ちゃんとは今俺が惚れてる子なんだが何なんだこのテンションは・・・。
その発言に皆して笑っている。
「好きならチューしちゃえば?ウフフフッ、チューしたら抱きしめちゃえば?アハハハハッ!」
何言ってんのこの子は・・・
「でもパパ鼻が脂っぽいからダメじゃん。あぶらとり紙買ってやろうか?ブハハハッ!」
という会話をしてる隣で来麗空が
「おい!変なオッサン!聞いてんのか変なオッサン!」と怒鳴りながら俺の顔を殴り続けている。
「テメーなんかぶっ飛ばしてやる!」って・・・もうぶっ飛ばしてんじゃん。
てか何でぶっ飛ばされんのか意味わかんね。
まったくなんなんだコイツらは・・・

こうして30分ほどバカにされ続けた。
毎日がこんな感じだ・・・きっとグレると思う。
まぁいいけど、俺の子だからしかたないと言えばしかたないか・・・
  1. 2006/01/19(木) 11:02:14|
  2. 子供
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

子供の思い

華恋が3才、来麗空が1才の時に俺はカミさんと別れた。
他の男を好きになったカミさんに、もう興味なんてなかった。
だだ子供の事を考えるとやりきれない気持ちでいっぱいだった。
母親っていう子供にとっては最も大きな存在を失くしてしまった事に。
かと言って後悔をしてるわけじゃない。そんな余裕もなかったし。
これからどうするかを考えなきゃならなかったから。

ある日ボーっと考え事をしてた俺に、まだ3才だった華恋がこう言った。
「パパどうしたの?ママがいなくて寂しいの?華恋はパパがいれば平気だよ。パパも華恋がいるから寂しくないからね。ママはどっか行っちゃったけど、華恋はずっとパパと一緒にいるから。だから泣かないでパパ。」
何コイツ!?って思った。
膝を着いて華恋を抱きしめた俺はボロボロ泣いてた。
その言葉がすっげー嬉しかったから。メチャメチャ嬉しかったから。
そしてたった3才の子供にここまで考えさせてた事に腹がたったから。
俺が泣いてる意味は華恋には分からなかった。
「泣かないでって言ったじゃん。」そう言われて、お前が泣かしたんだろーがって思いながらも「そうだな、パパカッコわりぃな。」って言ったら「パパはカッコいい。だって好きだもん。」ってなんか会話が成り立ってない気がするが、嬉しくて嬉しくてたまらなかった。
「華恋。思った事は全部パパに話しな。他の人に言えない事もパパにだけはちゃんと話して。」
そう華恋と約束した。
この日の事は一生忘れないと思う。

そして華恋が保育所に通うようになって、色々な行事に参加するようになったわけだけど、華恋以外の子は皆ママが来る。
それでも華恋は何も言わない。ママという言葉すら発さない。
我満している事が分からないほど俺もバカじゃない。
華恋は約束を憶えていた。そして俺にはちゃんと話してくれた。

華恋「ママが欲しい。華恋○○ちゃんの子供になりたい。○○ちゃんがママだったらいいのになぁ。○○ちゃんが華恋のママになるにはパパと結婚しなきゃならないんだよね?」
俺「ん~それは難しいかなぁ・・・」
華恋「華恋は○○ちゃんがいないと寂しいんだよ。」
そう言って涙を流した。
俺「そっか、じゃあパパ頑張るから。だから泣くんじゃねぇぞ。」

というのもあって俺は今頑張ってるわけよ。
子供の考えにはビックリさせられる。
そんな事考えてたのかとかそんな事までわかってんのかって思う事が多い。
子供を育ててるようで子供に育てられてんだなぁって思う今日この頃でした。
  1. 2006/01/17(火) 19:12:42|
  2. 子供
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

何気に寂しい

昨日からジジババと子供らで旅行に行ってしまった。
我が家はとても静かだ。静かすぎる。
子供がいないとなんてつまんないんだ。
てか結構寂しいかも・・・
帰ってきたらギュ!ってしてやろ。いっぱいチューしたる。
あ~ぁ、早く帰ってきて遊んでくんないかな・・・
  1. 2006/01/16(月) 15:09:40|
  2. 子供
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

見えない気持ち

大好きな人に彼氏がいるのはやっぱり辛いって。
頑張っても頑張っても結果がついてこねぇ。
焦りと不安ばかりが大きくなってく。
傷つくのが怖くて好きっていう感情を抑えちまう。
想いを全部伝えたらそこで全てが終わっちゃう気がするから。
きっと彼氏を選ぶんだろう・・・そんな気がしてならない。
いつも自信に満ち溢れていた俺がなんてザマだ。

俺は昼の仕事。相手は夜の仕事。時間が合わないのは当然の事。
お互い日曜日は休みだけど週1回の休みを彼氏に費やすのも当然の事。
何度も店に足を運べるほど俺は高給取りじゃない。
会えない時間が辛くて、やりきりなくて、ホントどうしようもない。
きっと相手には焦りも不安も会えない寂しさもないだろうな・・・ちゃんと彼氏がいるわけだし。
でもまぁそんな事を全て承知で好きでいるんだけどね。
月に1度会えるか会えないかだけどその日のために全てを我満できるわけよ。

ただ一緒にいられる時間が幸せだから。
その子のために何かをしてやれる事が嬉しいから。
俺への気持ちが伝わる度に想いが大きくなる。
だけどどうする事もできない今にムカつく。

彼氏がいてもその子の気持ちを知っちゃった俺にはもう諦める事すら出来ない。
いつかきっとその子と幸せになりたい。幸せにしてやりたい。
ほんの僅かな希だけど、ほんの僅かな希があるからこそ今の全てを受け入れて待っている事ができるんだ。

相手がキャバ嬢ゆえに営業か本心か分からなくて悩む事もたんさんある。
もしかしたら今の状態もただの色恋かもしれないなぁ。
やだなそれぇ・・・そうだったらものすげーショックだな。
でも信じちゃう。なぜなら大好きだから。バカだな俺・・・

嘘や裏切りで別れるなんて事はもうたくさんなんだけどなぁ・・・
  1. 2006/01/12(木) 18:28:19|
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

デート

今日は久しぶりに大好きな女の子と子供らと4人でご飯を食べに行って来た。
子供らが寿司を食いたいって言ったので寿司屋へ。
もちろん回転寿司だ。

テーブル席に座ったのだが俺1人、対面に3人・・・
このガキ共は俺の隣に座らんと言うのだ。
クッソォ~なめやがって、やはり女には勝てんのか・・・
でもまぁ子供らはずっと楽しみにしてたわけだからしかたないか。
てか子供らが羨ましい。ベタベタしやがって、俺だってしたいのに。
子供らがいるとチューすらできん!ってまぁそれはそれでいいんだけどね。
なんせ子供と一緒に居る俺を見ていいなぁって思ったらしいからね。
今までは子供がマイナスになってたのに、今回は子供がいなかったら今はありえなかったかもしれないというくらいすげープラス効果。
いやぁ~世の中何がどうなるか分からんな。

明日は保育所なので今日は早く帰って来た。
相手も予定あったしちょうどよかったのかな。と思っとこ・・・
ホントはもっと一緒にいたかったけど。

また今度会えるのを楽しみに今日はもう寝よっと。

  1. 2006/01/05(木) 23:55:45|
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャバクラ

一昨日久しぶりにキャバクラに行って来た。
今年は遊ぶのを控えようと思っていたのになんと忍耐力の無い人間なんだ俺は。
我満とか努力とかとても苦手。てか嫌いなんだよね。イタイな俺・・・
まぁ友達がおごってくれるって言うから行ったんだけどね。いやぁ~感謝感謝。
おかげで久しぶりにラブリーな人にも会えたわけだし。
なんせプライベートを含めても月に1回か2回会えればいい方だからね。

その日は2人して結構飲んじゃってグダグダでした・・・
ラーメン食べたいって言うから帰りにラーメン食って帰ってきた。
酔っ払うと甘える女の子はカワイイ!ギュッ!ってしたくなる。
泊まる?って言ったら何されるかわかんないからヤダだって・・・ハハッ。
酔ってる子には手出さないんだけどなぁ・・・

で、明日はデートなんだよね。
俺じゃなく子供に会いたいそうで・・・まぁいいけど。
貴重な時間だから大事にしないとって思うんだけど、
時間にルーズな俺はいつも待ち合わせに遅刻しちゃう。
明日は遅れないで行こっと・・・


  1. 2006/01/04(水) 23:56:13|
  2. 恋愛
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年

明けましておめでとう御座います。
さっきそば食ってたらそういや年明けたなぁと思い、あれ?これ年越しそばじゃねーじゃんって事に気付いた・・・
なんか気分悪いんで今年の年越しそばという事にしとこ。

年が明けても俺がヒマである状況は一向に変わる気配をみせない。
誰か俺に救いの手を差し伸べてくれ・・・

さて、今年はどんな年になるかな。
できるだけ遊ぶのは控えよう。もう十分なくらい遊んだしな。
いいかげん金を貯めないと。
来年には上の子が小学校、下の子が保育所となるとヘビーだし・・・
新しい嫁さんにもウェディングドレスくらい着せてあげてーし・・・
家も建ててーし・・・頑張れ俺!

年を取るのは嫌がる人が多いと思うけど俺は嫌いじゃないんだよね。
10年、20年先の自分を早く見てみたい。
俺幸せなのかなぁ・・・どうなってんだろ。

  1. 2006/01/01(日) 03:59:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

きむ

Author:きむ
年齢:29才
職業:大工
好き:酒と女と2人の娘
嫌い:野菜と注射
お気に入り:Justin Davis

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。