俺のブログを読め!

シングルファザーの独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

きむの生い立ち 其の2

さてさて、無事に高校に入学した俺。
この高校生活が人生で大きく俺を左右した時期だった。

高校1年生になった俺なわけだが、ぶっちゃけ周りが怖い。
先輩達が怖い・・・タメでも○○中の頭って奴らが揃って我が高校へ。
って言っても結局俺の周りの友達なんだけどね・・・
ウザかったのはやっぱ先輩だけ。しかも中途半端な奴ら。
いわゆる2年や3年で頭?はってる人は昔からの知り合いで結構仲良くしてもらってたわけよ。
そーゆーのを気に入らない先輩ってのが必ずいるんだよね・・・
ウチの学校は学生カバンを必ず持って行かなきゃならなくて、
今みたいにバックだけとかありえなかったのね。
でも俺の学生カバンって教科書が入らないのよ・・・ってかプリント用紙すら入らない。
まぁあれよ、ペッタンコのカバンなわけ。
今だったらビーバップかよ!って突っ込みたくなる(笑
カバンの裏には何やら色々と書いてあるわけで・・・無理やり漢字まとめましたみたいな文字が(笑
1年からそんなんで、気に入らないって思う先輩がいないわけねぇ。
まぁグダグダ言う奴はトイレ連れ込んでやったけど。
1年時はホントめんど臭かったなぁ。

2年になると後輩も入って来て、先輩ばかりじゃなくなってそこそこ心地よいスクールライフを送れるようになってきた。
まぁ俺は優しい先輩なので後輩にグダグダ言う事はなかったけどね。
ホントこの2年生の時から学校って楽しいなって思えてきた。
相変わらずほとんど遅刻して行く俺に何か言う先生もいなくなった・・・
髪型が決まらないとかの理由で学校に行かなかった俺にいつも電話をしてきてくれたのは担任だった。
担任「おまえ何やってるんだ?」
俺「笑っていいとも!観てる」
担任「特に何もしてないんだったら学校来いよ」
俺「じゃあこれ終わったら行くわ」
担任「はははっ、待ってるぞ」
こんな事が日常的に繰り返されてた。
そして午後からの登校。この頃俺は身1つで学校に行ってた。
「おまえは何をしに学校へ来てるんだ?」と担任
「オメェが来いって言ったんじゃん」と俺
「あぁ、そうだったな。よく来たよく来た」と担任
俺はこの担任でなければ高校は中退だったと思う。

しか~し!この2年の中頃から俺はよく学校に顔を出すようになったのだ。
とても好きな子が出来た。なんて単純なんだ俺は・・・
その子とはいつも隣同士。席が離れててもその子の隣に自分の机を移動。
でもいつも隣で寝てるだけだったんだけどね(笑
先生に起こされると
「あ゜ぁ!?眠ぃんだよ!」と言ってたのに
その子だと教科書を縦にして頭殴られる・・・
「はい、すいません・・・」と素直に起きる(笑
だから勝手にその子の隣に机を移動してても怒られなかったわけよ。
そんな俺を見て結構女からナメられるようになった。

3年になってすぐの頃
「最初とか近づけないオーラ発してて怖かったけどアホじゃんおまえ」
と言われた。
実はほとんど女なんて寄って来なかったのだ。モテないのか俺って思ってた。
でもこの頃から周りに女の子が集まるようになったからまぁよかったけど。
そう!この頃から俺は変わっていったのだ。
隣の中学校の頭に
「おまえ族やんないの?」と聞かれ
「いや、俺はいいや」と断った。
なぜなら俺の好きな子は超オシャレさん!ヤンキーでは釣り合わないのだ!
ダボダボのズボンも、変な柄のシャツも、イカツイ髪型も俺からは消えていった。
無免許で単車や車を乗る事もなくなった。
周りの奴らは「どしたオメェ?」と笑っていた。
同じ学校の奴らは分かっていたので
「アイツも色々あんだよ」と笑って流してくれてた。
とりあえず俺はこの頃落ち着いたわけよ。

だけどねぇ・・・オシャレって限度があるわけで・・・
ヤンキーからオシャレさんに流れた俺はすぐにまともになれるわけがなく、
パンクファッションという路線にいってしまった。
ある日突然金髪で登校してきた俺を見て先生達は笑っていた。
笑うしかなかったと言えばいいのかな・・・
ジャラジャラしたピアスをぶら下げ、制服は安全ピンだらけ。
首からはわけのわからんチェーンをぶら下げ・・・
あたりまえのように校長室に呼ばれた。
担任は下向き加減。
「最近はそーゆーのが流行ってるのか?オジサンにはわからんなぁ」と校長
「そうなんだよ、こいつ等(担任とか)もわかんねぇみてぇだし、参ったよ。つーかいいネクタイしてんなジイ」と俺
「ははははっ、それはありがとう。まぁあまり派手にやらんようにな」と校長
「俺を信じろ。お前らに迷惑かけるような悪さはしねぇから」と何様なのよ俺(笑
とまぁ3年になってからは自由奔放な日々を過ごしたわけです。
いやいやまさか俺がここまで変わるとは、女の力ってすげーと思った。
その高校に入ったからその子に出会えたわけで、俺の人生を大きく変えてくれた出会いだ。
その子にはそれから4年間も片思い。4年後に俺に惚れてくれたのよ。
かっかっかっか!
まぁその間だいぶプラプラしたけど・・・
次回はその辺を書いてみようかな。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/11(土) 17:11:17|
  2. 昔話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

きむの生い立ち 其の1

気分も凹んでるので少し恋愛話から遠ざかり、自分の人生でも振り返っちゃおうかと。
まあ興味があったら読んでちょうだい。
たいした話しでもないけど・・・

さてと・・・今から29年前にオヤジのカミさんから産まれてきたわけだが、それはそれは可愛らしい男の子でしたとさ。
小さい頃の俺は泣き虫でね、特に注射が嫌いで病院でよく暴れてた。今でも嫌いだけど・・・
なぜか物心つく前の事とかも憶えてんだよね。
始めて飯を食った(食べる真似事みたいなやつ)とかも憶えてる。
1歳前後くらいからの記憶がある。
おっかあの姉ちゃんが死んだ(これは2歳くらいの時らしい)時の事も憶えてる。
オヤジとおっかあに連れられ病院に見舞いに行った事、たくさんの管を体に付けてた伯母さんがベッドに寝てた事とかね。
現実かどうか微妙でね、おっかあに昔の事を聞いた事がある。
びっくりしてたなぁ、「おまえそんな事憶えてんの?そうだよそーゆー事あったよ」って言われた。

保育所時代とか女の子のスカートめくりやってよく先生に怒られてた。
筋金入りのスケベの原点でもある(笑
トイレ覗いたりね。ただの変態園児じゃねーか俺・・・
卒所時の将来の夢に「ドラえもんにないたい」と書いたきむです。
ちょっと可愛いな俺(笑

小学校の頃にいわゆる反抗期ってやつで親殴ったりしちゃってたのよね。
あんま言う事聞かないし、可愛くない小学生だったはず。
「なんでこんな子に育っちゃったんだろう」って泣かれたな。
そんな俺が学級委員とかやってたウチの小学校っていったい・・・。
絶対道を外れるだろうと心配されながらいざ中学校へ!

親の期待を裏切る事なく道を外れました(笑
中学になると勉強、部活、勉強、部活って感じであんま楽しくなかった。
勉強は大嫌い、スポーツは好きだけど練習が嫌い。
成績悪かったんだよねぇ俺。
「お前はやれば出来るんだから」と担任
「やらないので出来ません」と俺。
通知表の数字やテストの順位なんて興味がなかった。
「欲が無い」とよく通知表に書かれたもんだ。
あと「遅刻をしないで学校に来るように」と(笑
ケンカはよくしてたけど、中学に入ってからは親殴ったりとかなくなってたなぁ。
たぶん力的に俺のが上って感覚があったからだろう。偉いな俺。

中学に入ってすぐ?だっけかな、小学校から好きだった子と付き合った。
あんま楽しくなかったなぁ。男とつるんでるのが楽しかったし。
3ヶ月くらいで別れた気がする。
向こうから告ってきてフルんだから勝手な話しだなぁと思いつつ、俺が相手にしねぇのが悪いのかと思ったりもした。

俺野球部だったんだけどサッカーが好きでよくサッカーやってたな。
ウチの中学サッカー部がなかったんだよね。
でも野球部の監督がサッカー経験者で、前の学校ではサッカー部の監督だったわけで特に怒られる事もなかった。

そんな満喫できない中学生活を送りながら高校受験ですよ。
みんなレベルの高い高校に行きたくて必死ですわ。
俺は行く高校は決めてたから受験勉強は一切しなかった。
親を混ぜた3者面談で
「お前頑張れば○○高校(レベル高)に受かるんだからしっかり勉強しろよ」と担任
「先生もこう言ってんだからちょっとは勉強して良い学校にはいりなさいよ」とおっかあ
「俺○○高校(レベル低)行くから」と俺
「なんで!?」と担任とおっかあ
「近いから。文句あんなら高校いかねぇ」と俺
そして皆々様が必死に受験勉強をしてる中、俺は遊びまくっていたのだ。
「お前そんな油断してると落ちるぞ」と担任
「天才とは100%の才能ですよ先生」とアホな俺
そしていざ受験!
県立のすべり止めとして受ける県立にレベルの近い私立を皆1校は受けさせられた。
俺は落ちる。と誰もが思っていた。
なぜなら試験時間は10分程で後は寝てたのだ。
試験会場に引率で来てた先生はぶっ飛ばしてやろうかと思ってたらしい。
しかし!俺は受かったのだ。そして必死に勉強してた奴らは落ちた。
励ますのもキャラ違いなので「天才と凡人の差が出ちまったな」と笑ってやった。

その調子で県立も受かりいざ高校へ!
この高校でホント良かった。そう思える高校生活だった。
  1. 2006/02/10(金) 23:49:58|
  2. 昔話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

きむ

Author:きむ
年齢:29才
職業:大工
好き:酒と女と2人の娘
嫌い:野菜と注射
お気に入り:Justin Davis

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。